健康麻雀は認知症予防に効果抜群!3つのメリット・2つのデメリット

健康麻雀は認知症予防に効果抜群、メリット・デメリット シニアの悩み
シニアの悩み 健康 認知症
ポチっとしていただければ喜びます!
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

健康麻雀とは、通常の麻雀に加えて、お金を賭けないタバコを吸わないお酒を飲まないという超健康的なルールが加味された文字通りの「健康」的な麻雀です。

高齢者のデイケアや老人ホームなどで定期的に行われています。

※わからない麻雀専門用語はググってくださいね。

健康麻雀が認知症予防に効果がある理由

健康麻雀は認知症予防に効果
健康麻雀は認知症予防に効果 フリー素材ぱくたそより引用

健康麻雀は認知症予防に効果があると言われています。

それには3つの理由があります。

  • 脳をフル回転させる必要がある
  • 手、指をつかう
  • 相手と会話し観察する

この3つが、ちょうど認知症予防をするための行動にぴったり当てはまっているのです。

スポンサーリンク

脳をフル回転させる

これまでやって来たゲームの中で一番複雑で一番面白いのが麻雀です。

トランプのセブンブリッジや花札の比じゃないです。

自分の手牌を見つつ、相手の捨て牌などで相手の手配を予想していく・・・・・・

すべてが同時進行で脳を休める暇はなく、認知症予防に効果的です。

手、指をつかう

健康麻雀のメリット
健康麻雀のメリット フリー素材ぱくたそより引用

若い人にはなんでもない、手と指を使う「牌を横に17つ、2段に積む」という行為が、高齢になると難しくなってきます。

義父や叔父も麻雀をするのですが、積む際に牌が「グチャッ」と崩れてしまうことが多いです。

手先を器用に動かすことも、認知症予防に繋がります。

相手を観察する

麻雀は、相手の表情、喋る言葉、態度を観察しておかなければならないでのす。

自分の手を組み立てつつ、相手の表情、言葉、態度で「もうすぐ聴牌(テンパイ。あと1つで上がれる)か」「いやリーチはまだ先か」「役は重いのか、軽いのか」などと推理していかなければなりません。

自分の手牌だけ見ていたら、ダマテン(リーチをせず、ワザとだまって聴牌)の人にいきなり振り込んでしまうことになります。

とにかく考え続けるため、認知症予防に有効です。

スポンサーリンク

会話が多い

健康麻雀で会話して認知症予防
健康麻雀で会話して認知症予防 フリー素材ぱくたそより引用

麻雀そのものが4人(または3人)で喋りながら行う競技のため、自然と喋るようになります。

家で妻や夫とほとんど喋らないかたでも、麻雀では喋るハメになります。

健康麻雀の脳への効果

健康麻雀の脳への効果
健康麻雀の脳への効果 フリーフォト写真ACより引用

日本健康麻雀協会より、篠原菊紀教授が脳の働きを調査した結果です。

日本健康麻雀協会の委託を受けて、脳科学者の篠原菊紀・諏訪東京理科大教授が、「健康麻雀」の脳への効果を調査した。

麻雀中の高齢者の脳内血流の変化を調べると、特に記憶をつかさどり、知的活動の中核となる前頭葉での血流が増加した。

また、他人の気持ちを推し量ることに関わる側頭頭頂接合部という箇所の活動も活発化した。麻雀をしている高齢者の脳年齢は実年齢より3歳若かったという。

Jcastニュース  より引用

脳が3才若返ると述べてあります。

が、実際に週に4回ほど健康麻雀に通っている60代のAさんは、もっと若く感じられます。

スポンサーリンク

健康麻雀のメリット

健康麻雀のメリット
健康麻雀のメリット フリー素材ぱくたそより引用

健康麻雀には次のようなメリットがあります。

  1. 認知症予防に効果がある
  2. タバコ、酒を飲まないため、健康によい
  3. 女性が多い

認知症予防に効果がある

仕事をリタイアした方などは、何もやることがなく脳がどんどん退化していきます。

定期的に健康麻雀に通うなどすると、脳を使う、手を使う、会話を行うことなどによって認知症になりにくくなります。

タバコ、酒を飲まないため、健康によい

タバコを吸わないとが健康によいのはまあ、その通りですね。

高齢の方で仕事がないと、つい朝から酒を飲んだりする方がおられます。

飲みすぎはアルコール依存症になる危険がありますが、それを防ぐことができます。

女性が多い

健康麻雀のメリット・女性が多い
健康麻雀のメリット・女性が多い フリー素材ぱくたそより引用

女性が多いというのはAさんに聞いた話ですが、7対3くらいで女性が多いとのことです。

タバコ禁止、酒禁止が理由だと考えられますが、おしゃべりが楽しいのかもしれません。

まだモテたい!」という元気な方は、お金がかからない、健康的、という点からスナックに行くより健康麻雀がおすすめですよ。

お金は賭けないものの、こっそり裏でタバコを掛けている、という話は聞いたことがあります。

スポンサーリンク

健康麻雀のデメリット

健康麻雀のデメリット
健康麻雀のデメリット フリー素材ぱくたそより引用

健康麻雀のデメリットとしては、このようなものがあります。

  1. 口三味線禁止
  2. 覚えるのに時間がかかる

口三味線禁止

日本健康麻雀協会では、マナーを指導しており、口三味線(うそ八百をならべて相手を騙すこと)は禁止とあります。

しかし、そもそも麻雀そのものが相手を騙すゲームなので、口三味線がないとちょっと物足りないですね。

三味線でダマすのも見破るのもテクニックのうちです。

覚えるのに時間がかかる

麻雀は将棋や花札と違い複雑なため、1日ではとうてい覚えられません

1週間くらいかけてやっとひとりで打てる、そのくらいのイメージで勉強してみましょう。

スポンサーリンク

健康麻雀の覚え方

健康麻雀の覚え方
健康麻雀の覚え方 フリー素材ぱくたそより引用

本を買って読む

例えばこのような本やDVD

麻雀入門書
麻雀入門書 楽天より

(クリック)

スマホのゲームでルールを覚える

これらはルールだけは覚えられますが、麻雀ので重要な「駆け引き」が覚えられません。

これはもう、実戦経験を詰むしかないですが、麻雀放浪記の小説や映画を観るのもありです。

麻雀放浪記(初期)の映画をみる

麻雀放浪記の映画
麻雀放浪記の映画

阿佐田哲也という有名な雀士の若い頃(戦後)麻雀で食っていた話を小説化し、さらに色々な画家がマンガにし、とうとう映画にもなったという名作です。

映画は、小説通りの戦後時代の話と、「麻雀放浪記2020」というあの逮捕されたピエール瀧が出演しているのに上映されたという話題作です。

初期のしか観ていませんが、これはもう、博打・イカサマ騙し合いのオンパレードで、家や命を失ったりします

カイジ」が好きな人はハマるかも。

真田博之、鹿賀丈史の若い頃の出演作で、一見の価値ありです。

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク

健康麻雀は認知症予防に効果抜群 まとめ

記事中Aさんは健康麻雀が楽しみになり、自分からデイケアに行くようになったそうです。一生楽しめます。

最近は雀荘が健康麻雀用に変わったところもあるらしいですね。

もし家族で麻雀ができれば、認知症予防になり、コミュニケーションにもなりいいことずくめです。

まずは無料のスマホ麻雀ゲームでルールを覚えてみませんか?

「言葉がスラスラ出てこない」
「頭がすっきりしない」
「もの忘れがひどい」

認知症対策に
TVで話題の【知的ケア】
高純度プラズマローゲン
↓↓

【参考記事】